- lenovoのg475

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Compaq 2210bでサイトを作成は可能なのか?

ノートパソコンの「Compaq 2210b」で
ホームページを作成するという作業は可能です。


パソコンを所有していると、ブログやホームページなど
作成する機会もあるんじゃないかと思います。


そういった中で、ブログなら無料ブログか
有料のワードプレスなどを利用する方もいらっしゃると思います。


ホームページなら、市販されているサイト作成ソフトを
利用する方も多いと思いますが


ホームページ作成といえば「ホームページビルダー」を
大半の人は利用しているんじゃないかと思います。


低スペックパソコンでも動作は可能ですが
発熱量ということになると結構上昇しやすいといえます。


発熱量が高くなると、パソコン自身の動作も
かなり鈍くなるので容量の低いアプリを利用するほうが
パソコンのためともいえますね。


だったら、こうスペックパソコンで
ホームページを作成すればいいと思う人もいると思いますが
そんなお金のない人は、やはり夢見たいな話となりますね。


低スペックパソコンでも結構動作が安定している
ホームページ作成ソフトが存在するのをご存知でしょうか?



おいらの、ノートパソコン「Compaq 2210b」は
そこそこ、低スペックですがこのソフトを利用すると
結構動作も安定していて軽がるとサイトを作成することが可能でした。



低スペックだから、ホームページは作成できないということは
まず、ありえない話なのでだまされないように気をつけましょう。

CPUが80度以上まで熱くなってしまったらどうする?


ネットゲームをプレイしていると
CPUの温度が80℃を超えてしまいました。


こういうときの対処というのは
やはり、冷却シートをそこにひくとか
冷却ファンの使用という人が多いと思います。



しかし、これらの熱対策の機器は
あまり意味がないというショッキングな記事を
おいら自身、見つけてしまいました。


その記事では、おいらが紹介してきたり比較してきた
冷却ファンなどの使用は、まったくの無意味ということでした。


そういう記事を書いた人は、元パソコン修理の人でしたが
普通の人と違い、おいらはそういう人の発言は信用しておりません。


というのも、過去に苦い経験があり
メーカーの言うことを聞いたがために
高いお金を出す羽目になったということがあります。


それ以来は、専門家の言うことは
参考程度にしか聞かないことにしております。


また、都合がいいことに、その方が無意味だという
冷却シートがありましたので、わざとCPUの温度を上昇させ
冷却シートを使用して実験を開始しました。


その結果は「パソコンの冷却シートの効果は本当なのか検証」で
解説しています。


Windows7のデフラグは実はこまめにするほうがいい



Windows7のデフラグは実は
こまめにしたほうがいいみたいですね。


パソコンが古くなってくるとどうしても動作が鈍くなるので
デフラグをしたことがないという奈良でフラグをすることをお勧めします。


デフラグというのは、HDDを
快適にするという行為をいいます。


データの並べ替えや整理ともいいかえるほうが
結構近い感じかもしれません。


やはり、動作が鈍くなるというのはデータのゴミが
多くなっている証拠でHDDにも負担をかけることになるので
デフラグは大事ということです。



また、デフラグツールを出すのも簡単で
アクセサリーからも出せますし


スタートの検索ボックスからも
デフラグツールを出すことができます。



デフラグツールを出す方法
かなり簡単なので覚えておいても損はないですよ。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © lenovoのg475 All Rights Reserved.
くりっく365会社一覧 ケアプロスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。