データー空っぽの新品パソコンで詐欺エラーチェックソフトで実験するとどうなる? - lenovoのg475

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データー空っぽの新品パソコンで詐欺エラーチェックソフトで実験するとどうなる?

RegistryBoosterというのが
最適化について調べていると出てきました。


データーのあるメインやサブでは
誤認してしまう可能性があるので


購入して2日目の
パソコンで実験してみました。


実験パソコンは「LaVie G タイプM」です。


boosut.jpg


10月26日夜に購入して
箱から出してネットに接続しただけのパソコンです^^;



今日から、データーを入れていくつもりでしたが
少し、詐欺ツールと戯れてみたいと思います^^



万が一のことを考えて
リカバリーディスクは用意しているので安心です。



さて、詐欺アプリ
「RegistryBooster」をインストールし



先日購入したての
パソコン相手にスキャンしてみました。



エラーが131もでてしまいましたよ。



よっぽど欠陥品なのですかねぇ^^;



どこから、その131という数字が出たのでしょう。



新品でも、これだけのエラーが出るという
恐怖を煽るだけの商品を、あなたは買ってはいけません^^;




それにしても、サクサクした動作で
ネットも驚くほど速いのですけど



システムエラーがあるとはねぇ
ウソもたいがいにしてほしいものですよ^^;



詐欺を見破るには
ちょうど良いタイミングと思い



実験してみたのですが
正真正銘の本物のインチキでしたね。



RegistryBoosterのサイトの説明文は
説得力があったのですが



これも、ユーザーに
恐怖を与えるだけのものでした^^;



これを読んでいるあなたは
こんな詐欺に引っかからないように注意してくださいね。



■関連記事

UnibluのRegistry Boosterのアンインストール方法




コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © lenovoのg475 All Rights Reserved.
くりっく365会社一覧 ケアプロスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。